リスク許容度とは

つみたてNISAを始める前に「自分がどこまでのリスクを受け入れることができるか?」を診断しておくことはとても重要なことです。自分の年齢や、家族構成、貯蓄額、投資に対する考え方によってリスク許容度が変わります。精神的なリスク耐性も考慮に入れます。

例えば、50歳を過ぎて定年まであと10年を切った場合、大幅な株価の暴落に直面すると資産の目減りをリカバリーする時間の余裕がありません。つまりリスク許容度が低い年齢といえます。

一方で20代であれば、先ほどのような場面に遭遇して資産が大きく目減りしても、また挽回するだけの時間的余裕があるため、リスク許容度は上がります。質問に答えるだけでリスク許容度を診断してくれるサイトもあるので、自分のリスク許容度を把握した上でポートフォリオ(資産配分)を設定することができます。

リスク許容度の診断からバランスファンド選びができる便利ツール「ポートスター」

2018.10.27

スポンサーリンク