投資信託のリスクにはどのようなものがあるのか

つみたてNISAを始めるときに忘れてはならないのが、投資信託にはリスクがともなう、ということです。ただ、必要以上に恐れることはありません。リスクの内容を理解することで、これを抑制することもできます。

投資信託を買うときにチェックするのが目論見書です。銀行や証券会社の窓口で対面で購入する際は、パンフレットのように紙に印刷された目論見書を見ながら商品の説明をしてもらえます。ネット証券や銀行のサイトで購入する際は、このパンフレットがPDFファイルで閲覧できるようになっています。

目論見書には投資リスクの欄があり、ここにその商品にどのようなリスクがあるか説明しています。参考までに「eMAXIS 日経225インデックス」の投資リスクについて見て行きます。

この商品の主なリスクは3つあります。
価格変動リスク
信用リスク
流動性リスク

価格変動リスク

eMAXIS 日経225は国内の株式に投資する商品なので、企業の業績や経済の影響を受けることにより、毎日価格が上がったり下がったりします。日経平均株価と連動する運用を目標にしているため、日経平均が大幅に下がると、eMAXIS 日経225の基準価額も同様に下がるリスクがあります。

信用リスク

国や企業が破綻することで、株の価値がゼロになるリスクがあります。eMAXIS 日経225の基準価額がゼロになるということは、日経平均株価がゼロになることを指すので、これについて心配するのは杞憂といえます。

流動性リスク

市場規模が小さい株式に投資をすると、市場の取引量が少ないために、売りたい場面で希望の価格がつかないケースがあります。流動性リスクが高いと値動きがあらくなる原因になりますが、eMAXIS 日経225の場合は国内の上場企業に幅広く投資するため、これもあまり心配する必要はなさそうです。

こうしてリスク要因をひとつひとつ丁寧に見ていくと、eMAXIS 日経225は日経平均株価が大幅に下がるとそれにつられて下がる、ということを意識しておけばよさそうです。言い換えると、毎日の新聞やニュースで取り上げられる日経平均株価が、自分の資産と連動するようなイメージを持っていれば、この商品のリスクを理解していることになります。

一般的な投資信託のリスクには上記以外に
為替変動リスク
金利変動リスク
カントリーリスク
繰上げ償還リスク

などがあります。投資対象が外国であれば為替変動リスクが、債券であれば金利変動リスクがともないます。投資信託を購入する際は目論見書を見て、どんなリスクがあり、どの程度の影響があるのかを把握することで、自分の大事な資産を守る対策を考えることにつながります。

毎月3万円の積立投資を年利3パーセントで30年間運用するといくらになるか?については下記の記事を参照願います。

毎月3万円の積立投資を30年間続けるといくらになるか?

2018.06.22

スポンサーリンク