バランスファンド1本だけで運用するメリットとデメリットは?

こんにちは。jazz335です。

つみたてNISAの商品を選ぶうえで、インデックスファンドをいくつか組み合わせる方法と、バランスファンド1本だけを買う方法があります。ここではそれぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

バランスファンドのメリットは?

投資経験のない初心者にとっては、自分の目的に合ったバランスファンドを選ぶことで分散投資ができるという手軽さが一番のメリットです。バランスファンドにはさまざまなタイプがあり、株式と債券、株式と債券と上場不動産投信(REIT)など複数の資産を組み合わせた商品があります。

それぞれの資産は値動きが異なるため、運用を続けるうちに資産配分が偏ってきます。これを補正する作業を「リバランス」と言いますが、バランスファンドはこれを運用会社が行ってくれます。つまり、メンテナンスフリーの投資信託なので、毎月自動で積立する設定をすれば普段は投資をしていることさえ忘れてしまうほどです。

インデックスファンドの組み合わせは手間がかかる

一方で、インデックスファンドを組み合わせで分散投資する場合は、国内株式型、先進国株式型、新興国株式型といった投資信託の中から、どの銘柄を何パーセント買うか?という設定を最初に決める必要があります。

また、安全資産の国内債券ファンドはつみたてNISAの対象外なので、特定口座(課税)で購入することになります。このあたりが少しわかりづらいですね。

また年1回もしくは資産配分のバランスが大きく崩れたときは「リバランス」をする必要があります。つみたてNISAの口座内でリバランスできないため、非課税で売却して特定口座(課税)で他の資産を購入することになります。

スポンサーリンク



バランスファンド1本だけで運用するデメリットは?

ここまでの説明では、バランスファンドがいいことづくめですが、デメリットもあります。ひとつは、リスクのコントロールが自由にできないことです。20代の頃は定年まで30年以上あるため、株式型の比率が高いバランスファンドで運用し、ある程度のリスクをとることができます。

これが50代、60代と年齢を重ねるにつれて、だんだんと大きなリスクをとることができなくなります。そこで、安全資産である国内債券ファンドの比率を高めて低リスクの運用に移行する必要があります。

しかしながら、例えば4資産均等のようなバランスファンド1本で運用していると、資産配分が固定されているためリスクを柔軟にコントロールすることができません。

インデックスファンドの組み合わせはリスクコントロールがしやすい

その点、インデックスファンドを組み合わせて運用している場合は、必要に応じて資産配分を変えてリスクコントロールすることができます。

債券型の保有比率は自分の年齢に合わせる、というひとつの目安があります。つまり20代なら債券型を20%と少なく株式型を80%と多く配分し、50代になったら債券型50%、株式型50%に移行するというものです。債券型ファンドは値動きが少ないため、保有比率を上げることでリスクを軽減することができます。

また運用コストでもある信託報酬は、バランスファンドに比べてインデックスファンドのほうが割安になります。

バランスファンド1本の運用とインデックスファンドの組み合わせには、それぞれ一長一短があります。最初はバランスファンドでつみたてNISAを始めて、必要に応じて債券型インデックスファンドを組み合わせる、というのもひとつの方法です。

バランスファンドの代表的なものに、4資産均等、6資産均等、8資産均等の3タイプのバランスファンドがあります。これらを比較するポイントについては下記の記事を参照願います。

バランスファンドを簡単に比較する方法

2018.06.12

 

スポンサーリンク