投資信託の人気投票第1位は?

こんにちは、jazz335です。

投資信託を選ぶときに、どの商品がおすすめか?というのは気になるところです。

そこで今回は、投資信託について日々研究しブログで情報発信している個人投資家、通称「投信ブロガー」による人気投票イベント「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」をご紹介します。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearとは

2007年からはじまった投資信託の人気投票イベントです。投票資格は「投信ブロガーであること」で、指定された期日までにブログを開始しており、運営委員会の判断で投信ブロガーとみなされることが条件となります。

イベントの運営委員会は、日々コツコツ投資を実践されている「rennyの備忘録」の管理人rennyさんほか数名で、個人投資家の目線で選ばれた投資信託のランキングが発表されるのが特徴です。

スタート時は19名のブロガーの投票でしたが、2017年には241名のブロガーが参加しています。

Fund of the Year 2016の表彰式には、金融庁長官の森 信親氏からメッセージが寄せられたことからも話題になりました。また、経済評論家の山崎元氏もこのイベントを支持しています。

スポンサーリンク



2018年の第1位はeMAXIS Slim 先進国株式インデックス

2018年の1位は、「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」でした。

このファンドは、業界最低水準の運用コストを目指します。つまり、先進国の株式ファンドを、もっとも安い信託報酬で積み立てることができます。

またバランスファンドでは、株式、債券、リート(不動産投資信託)に分散投資できる「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」が5位にランクインしています。

ランキングのベスト10は下記の通りです。7位のバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)以外は、つみたてNISA対象商品にエントリーされています。

順位 ファンド名称 運用会社
1 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 三菱UFJ国際投信
2 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド ニッセイアセットマネジメント
3 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 三菱UFJ国際投信
4 楽天・全米株式インデックス・ファンド 楽天投信投資顧問
5 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 三菱UFJ国際投信
6 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド セゾン投信
7 Vanguard Total World Stock ETF(VT) バンガード・インベストメンツ・ジャパン
8 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 三菱UFJ国際投信
9 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 楽天投信投資顧問
10 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 三菱UFJ国際投信

金融機関や金融情報誌のおすすめ商品は、どうしても自社の利益とのかねあいになります。

しかしながら、こうした個人投資家が発信するランキングは、つみたてNISAの商品選びにも、十分参考になるイベントといえます。

投資ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018
http://www.fundoftheyear.jp/2018/

つみたてNISA対象商品の取り扱い数が多いのがネット証券大手のSBI証券と楽天証券です。この2社を比較するポイントについては、下記の記事を参照願います。

SBI証券と楽天証券のどちらがいいか比較するポイント

2019.01.06

スポンサーリンク