つみたてNISAは銀行と証券会社どこで口座開設すればいいか?

僕は一般NISAの口座開設する際に、テレビCMで大々的に宣伝していた都市銀行にしましたが、後で後悔することになりました。

数多くある投資信託の商品からどれを選んでいいかわからず、銀行の窓口で相談して勧められた投資信託を購入しました。これが、後から調べると結果的に手数料が高い商品だったこと、期待した運用益が出ていないことがその理由です。また、そのときは積立投資についての説明ははなく、まとまった金額で購入したほうが定期預金の金利優遇を受けられる、と勧められました。

ただ、つみたてNISAに関して言えば少し事情が変わってきます。そこで、商品選びのポイントをおさえながら銀行と証券会社の違いについて解説します。

つみたてNISAなら低コストの商品が買える

一般NISAは株や投資信託の銘柄に制限がないため、コストが高いわりに運用成績がよくない商品(もしくは株式の銘柄)を買ってしまう可能性があります。これに対して、つみたてNISAの対象商品は金融庁が設定した条件をクリアした、どれも販売手数料無料(ノーロード)で低コストの投資信託ばかりです。つまり、銀行や証券会社の都合で手数料が高い商品を勧められる心配がありません。

また、毎月や毎日というように定期的に積立投資することが条件となっています。言い換えると、つみたてNISA口座を開設することで低コストの商品を買うことができ、積立投資という方法で資産形成をスタートできることになります。

このあたりは、株や投資信託に広く投資できる一般NISAと大きく違う点です。積立投資のメリットは、あらかじめ決まった金額で長期間に渡って投資し続けることで、値動きのリスクを平準化できるところにあります。分散投資によるリスク軽減がしやすい点が、一般NISAとの違いです。

金融機関を途中で変更することはできるか?

金融機関によって、つみたてNISA対象商品の取り扱い本数は大きく違います。どこでも同じ商品を買えるというわけではありません。つみたてNISA口座を開設して積立を始めたけれど、いろいろと調べるうちに商品を変更したいが、口座がある金融機関には取り扱いがないことに気づいた、ということもあります。

この場合、1年単位で金融機関を変更することができます。ただし、変更前の金融機関で積立した投資信託はそのまま保有し、翌年から変更後の金融機関で別の投資信託を積立することになります。つまり、投資信託を非課税枠のまま移すことはできません。

管理の都合でひとつの金融機関にまとめたい場合は、一度課税口座(特定口座・一般口座)に移してから、変更後の金融機関の課税口座に移すことになります。ただし、同じ商品を扱っているなどの制約があるので注意が必要です。

スポンサーリンク



ネット証券は商品数が多く100円から積立できるところも

商品数の多さを考えると、やはりネット証券が圧倒的に有利です。SBI証券や楽天証券では、先ほどの金融庁の基準をクリアした130本以上のラインナップがあり、毎月100円からと少額で積立できるのも特徴です。インデックス投資で資産運用している個人投資家の多くは、ネット証券で口座を開設しています。また、投資信託の保有額に応じてポイント還元するサービスも提供しています。

ネット証券大手のSBI証券と楽天証券を比較するポイントについては、下記の記事を参照願います。

SBI証券と楽天証券のどちらがいいか比較するポイント

2018.11.15

銀行は商品数を絞り込んだ初心者向けのラインナップ

一方で、銀行では取り扱い商品数を3~12本程度に絞り込むことで、初心者にも選択しやすいラインナップが特徴となっています。また、毎月の積立額が普通預金口座から引き落とされるため資金移動の手間がかからないメリットがあります。将来的に投資信託を取り崩す際にも普通預金口座に自動的に入金される、という管理のしやすさがあります。

初心者にとっては、ネット証券で口座を開いて120本以上の商品の中から選ぶ、というのは心理的なハードルになる場合があります。そういう意味では、給与振り込みやカードの引き落としで普段から利用している銀行なら、窓口でつみたてNISAの口座開設ができて生活資金と将来に備えて増やすお金の両方を管理しやすいというメリットがあります。

三菱UFJ銀行のつみたてNISA取り扱い状況については、下記の記事を参照願います。

初心者におすすめの三菱UFJ銀行つみたてNISAラインナップ

2018.11.19

スポンサーリンク