資産運用のゴール(目標額)を設定する

つみたてNISAで資産運用を始めるときに大切なのが、ゴール(目標額)を設定することです。何年後に、投資した資産がいくらになっているかを設定することで、運用方法が決まります。

貯金の場合は、毎月1万円というように積立金額を設定すれば、あとはなんとなくお金が増えていくのを通帳で確認する、というやり方でも問題ありません。

しかしながらつみたてNISAは長期間にわたって投資を行うので、ゴールが設定されていないとそこに行き着くまでにどのような運用をするのかが見えてきません。また、投資は常に相場の動きに影響を受けるため、せっかくゴールの金額を達成しても、現金化せずにそのまま放置することで、相場が暴落すると設定金額を大幅に下回るリスクもあります。

ゴールの設定は、できれば使用目的を明確にしておくほうが、運用方法を検討する上で効率的です。たとえば、老後資金を作るために25年で3,000万円に設定する、子供の大学進学費用のために18年で800万円に設定する、といった具合です。

運用期間、目標金額が決まれば、年利何パーセントで運用するかを目標として決めます。こうすることで、毎月いくら積立すればいいか逆算することができます。

目標金額と運用期間から毎月の積立金額を逆算するには、楽天証券の「積立かんたんシミュレーション」のページが便利です。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

目標金額が決まったら、投資を続ける中で自分がどこまでのリスクを受け入れることができるか?を診断しておくことは資産運用のポイントになります。

毎月3万円の積立投資を年利3パーセントで30年間運用するといくらになるか?については下記の記事を参照願います。

毎月3万円の積立投資を30年間続けるといくらになるか?

2018.12.16

スポンサーリンク