おつりで投資トラノコアプリとは

こんにちは、jazz335です。

普段の買い物で出る「おつり」に着目して、スマホで少額から投資できるサービスが話題となっています。今回はそのトラノコアプリについて解説します。

トラノコアプリとは?

TORANOTEC株式会社(本社:東京虎ノ門)が運営する、ETFを主体とした投資ツールです。クレジットカードやSuicaなどで決済した金額のおつり相当額を、スマホアプリで計算して投資に回すことができます。証券会社に口座を開くことなく、アプリのユーザ登録と銀行引き落とし口座の設定で積立投資を始めることができます。

家計簿アプリと連携して計算したおつりを投資にまわす

Money Forward、Zaimといったスマホの家計簿アプリと連携して、登録したクレジットカードや電子マネーで買い物したおつりが、トラノコアプリ上に表示されます。ここでいうおつりとは、買い物の端数を指します。

例えば、コンビニで250円のお菓子を買って電子マネーで支払いしたとします。電子マネーなので実際のおつりは発生しないのですが、仮にこれを100円玉、500円玉、1000円札でそれぞれ買った時にいくらのおつりが出るか?イメージして、それを余剰資金とみなして投資にまわすことができます。

100円玉で買うなら300円で50円のおつり、500円玉なら250円、1000円札なら750円という計算になります。これをおつりとして投資するよう設定すると、毎月1回、その月に選択したおつりの合計が登録した銀行口座から自動で引き落とされます。

投資できるファンドは3つというシンプルな設定

毎月発生したおつりは、3つのファンドから選択して投資できます。安定重視の小トラ、バランス重視の中トラ、リターン重視の大トラというシンプルな設定となっています。投資先はETFで米国株式、日本株式、債券、不動産、金などに分散投資します。ポートフォリオは知識、経験豊富な担当者が作成し、リバランスもやってくれます。つまり、バランス型ファンドに少額の積み立て投資をするような仕組みになっているという訳です。

利用手数料と運用報酬額

運用報酬は年率0.3%とバランス型ファンドではかなり抑えたレベルです。これとは別に月額300円の手数料がかかるので、毎月の積立が1万円とすると運用報酬とは別に月3%のコストがかかる計算になり、割りに合わないかもしれません。10万円なら月0.3%でこれでもどうかな、というのが正直な感想です。

おつりを投資にまわす、というのが財布の小銭を貯金箱に入れるいわゆる「ブタ貯金箱」の感覚で、余剰資金を投資にまわすという投資のセオリーがうまく反映されていると思いました。

新聞の記事では、フェイスブックで評判になっていたので始めた主婦の例が載っていましたが、むつかしく考えずに、気軽に積み立て投資を始められるメリットはあると思います。あとは月300円の利用手数料をどう考えるか?というあたりがポイントになるのではないでしょうか。

毎月3万円の積立投資を年利3パーセントで30年間運用するといくらになるか?については下記の記事を参照願います。

毎月3万円の積立投資を30年間続けるといくらになるか?

2018.11.17

スポンサーリンク